時間リッチな人と、時間貧乏な人

格差社会と言うと、お金の話、経済的な貧富の差の話ばかりになりがちだが、時間的豊かさの格差、つまり「時間がたくさんある人」と「時間が全然ない人」の溝も、最近大きくなっているような気がする。

時間の感覚はひとそれぞれだから、一概にこうとは言えないのだけれども、たとえばサラリーマンの多くは「時間が足りない」と感じているんじゃないだろうか?

物理的には、仮に週5日8時間ずつ会社に拘束されたとしても、会社にいる時間よりそれ以外の時間の方が遥かに長いわけだから、決して「絶対的に時間が足りない」というわけではない気がする。

サラリーマンじゃなくても「毎日が忙しい」「時間に追われてる」と感じている人は多いだろうし、問題は「暇な時間がどれだけあるか」という単純な話ではないのだろう。

時間リッチな人と、時間貧乏な人の差は、何だろうか?

時間を自分でコントロールできる人と、できない人の違いだろうか?サラリーマンは人生における一定の時間を、会社にコントロールされている。アルバイトだったら「月10万円でいいから、週3日だけ働きたい」というようなことができるけど、一般的な会社員となると、なかなかそれは難しい。「月30万円出すから、その代わり週5日、必要があれば土日も働け」というように拘束されてしまう。これはとても自由な状態とはいえないだろう。

僕はフリーランスで働いているが、フリーランスが良いのは何より、時間の使い方を自分でコントロールできることだ。たとえば急に友達から「明日ひま?遊ばない?」と誘われたときに、「ひまだよ!遊ぼう」と言える時間的余裕、精神的余裕というのは、長い目で見ると結構大事なんじゃないかと思っている。

時間に余裕があると、フットワークが軽くなり、色んなところに行ける。フットワークが軽けれは軽いほど、色んなチャンスが舞い込んでくる確率が高まる。

遊びに誘ったときに「ごめん、来週末まではちょっと忙しくて、再来週の平日夜なら……」みたいになると、思いついてから実行までにだいぶ時間が空いてしまうし、そもそも流れてしまうことも多い。こういう「忙しい人」はどうしても、機会損失が大きくなってしまう。「暇人」であることの長期的メリットは、意外とバカにできない。

「金持ちは忙しい(はず)」と思っている人は結構多いような気がするのだけれど、僕が見てきた限り、ある一定レベルを超えた金持ちは結構、暇している。というか、時間をうまくコントロールして、自由な時間を確保しているように見える。

年収1000万円のサラリーマンは大概、忙しいかもしれないけど、年収5000万円の実業家とかになると、時間的にもリッチな人が多いのではないか?その違いはやはり「誰かのコントロール下にあるか」それとも「自分で自分をコントロールできる状態にあるか」の違いという気がする。

経済格差がますます広がっていくように、今後は時間リッチな人たちと時間貧乏の格差もますます大きくなっていくのではないか?

時間に追われる人はどんどん時間に追われ、時間に余裕がある人はどんどん豊かになる。誰もが週5日働くのではなく、週7日働く人と週2日働く人に二極化する。現にこういう兆候は出てきているような気がする。